その他

特注 スチールアングル製リング

スチールのアングルを使用してリングを製作させて頂きました。


塗装前に仮組をした写真です。

スチールアングル3*30*30にロール加工を施してリングを製作しています。



シルバー色に塗装が完了しました。

直径2000ミリなので、運搬の事などを考慮し1/4円にて分割してあります。

展示会でこのリングに何かを吊るして使用するそうです。



少し見えにくいですが円周上に小さな穴が100~50ピッチにあいてあります。



もちろん接合部分はボルトで一体型にするための穴も開いております。



このアイナットが9箇所に付くようになっており天井から吊るして使用致します。

                  製作数  1箇所

 

特注 スチール角パイプ架台

スチール角パイプを使用して機械展示するための架台を製作させて頂きました。




シルバー色にアクリル焼付塗装を行っています。


角パイプ内部に3*30*30アングルを設置して表示板を取付るためのナットを仕込んであります。




1面は表示板が簡単に抜き差しできるようにアルミの片長チャンネルを設置してあります。




移動するためのキャスターも当社で手配し取付させて頂きました。

スチール鋼材のアングルを使用して焼付塗装する場合の注意点が一つあります。




手前は50角の角パイプで奥に伸びているのがアングル材になります。

アングル材の塗装表面をよく見て頂くと少し模様のような物が見えます。


アップの写真です。

塗装をしてもアングルの表面にある皮膜が、この様な模様となって残ります。

この皮膜を加工前に取り除くことも可能ですが少しザラっとした表面になってしまうので、

どうしてもこだわった化粧面として見せたい場合は設計の段階から考慮しないといけません。

今回はこの上に機械が設置され見えなくなるので問題ありません。

                  製作数  1台

 

スチール丸パイプ加工品

スチールの丸パイプを加工して店舗のテーブルの脚を製作しました。

Φ76.3 t-2.0の丸パイプを使用して、さや管はパイプをかち割って製作しました。



テーブル自体は木製で製作されており、その裏側に右側の丸パイプのプレート側を

木ビスで固定し、床には一番右のパイプをアンカーで固定して、



さや管方式でパイプをかぶせ左右に開いた穴よりビスで固定します。



アングル材も穴を開けてアクリル焼付で塗装しており、木製の棚を固定するそうです。

                  製作数  4箇所

 

特注 スチール 手摺補修部材

マンションの改修工事をされているお客さまからの御依頼で

手摺の補修部材を製作させて頂きました。

ボンデ鋼板 厚さ2.3ミリ 




古くなった手摺の足元が腐食して強度がなくなっている部分を外側より

囲って補強する為の部材です。



左右から既存の角パイプ挟み込み、現地で上部に貫通穴を開けてボルトで

一体型にされるそうです。

お客様で錆止め塗装とペンキ仕上げを行われます。

写真にはありませんが、同じような形状でアルミ製も製作させて頂きました。

              製作数   スチール製15個
                      アルミ製 32個