その他

ステンレス角パイプ加工品

ステンレスの角パイプを加工して壁面緑化の為の枠を製作させて頂きました。



施工前の写真です。この部分に壁面緑化をするために、角パイプとフラットバーを

加工して枠を製作させて頂きました。



角パイプの内部に植物に水を供給するパイプなどが通る形状になっています。


常時水気がありますのでステンレスの角パイプを使用しています。



右上の穴が多数開いた黒いパネルに植物が植えられます。



緑化完了の写真で壁面の印象がガラリと変わりました。 

  

水を供給するパイプが内部入っている部分です。

                  製作数  1箇所

 

特注 ステンレス製 鉢/枡

屋上緑化の一環として使用されるステンレス製の鉢/枡を製作させて頂きました。



この内部に土が入り植物を植えるとの事で、化粧的には全て見えなくなる製品です。

底にある排水パイプ以外からは水が漏れないようにしないといけないので、

なるべく溶接箇所を少なくなるように、展開、曲げを行いました。

このような底が深い形の曲げ物は、汎用の機械ブレーキでは曲げにくいのですが、

底面に一度無駄折りを行い、深い形の曲げを可能にしております。



底面中央に線が見えますが、無駄折りを行ったことによる曲げラインになります。

このような形状の曲げで化粧を必要しない場合などは溶接箇所を削減できる有効な手段になります。

                  

                  製作数  2箇所

 

ステンレス 特注 踏み石カバー

ステンレスのFB フラットバーを加工して

玄関の踏み石カバーを製作させて頂きました。



使用しているFBはステンレス HL 9*90ミリのサイズで四隅の部分が

Rになっています。 お客様のご指定が内側のRでR55ミリでした。

今回はこの字型の曲げ物を2つ曲げて長さを調整して切断後溶接して、

四角形の枠に組みました。

下の写真の緑の線のあたりで接合しました。


底にはステンレス2B材で曲げた箱曲げを内側より溶接で固定してあります。



接合部分の仕上がり写真です。


R部分も曲げ加工時に傷が付きますので、HLを再度研磨してあります。

お客様に現地での写真撮影させて頂きました。



大変格好良い玄関に仕上がっています。
                 

               製作数  1箇所