特注 カバー

ステンレスHL製 t-1.0ミリ 排気口カバー



PS扉に設置させて頂いた給湯器の排気カバーになります。
PSパネルはこちら→

ステンレスHL材 t-1.0ミリで四方枠に組み立てています。


コーナー部分の拡大写真になります。




通常は、水切りや上框などのコーナー部分は溶接加工を行い、サンダーなどで仕上げ、
そしてHL目を再研磨してコーナー部分を作ります。
仕上がりはこちら→


しかし今回は、使用用途からコーナー部分を溶接する必要がありませんでしたので、
コストを抑えるためにも溶接は行っておらず、突きつけになっております。
もちろん手が触れても切れたりしないようにRを付けて、面取り加工を施してあります。



裏側の写真になります。
組立はリベッターを使用し、溶接をしておりませんので、溶接の歪みや焼けなどが発生しません。

ビスなどの固定ですと、振動などでねじが緩んでくる可能性もありますが、
リベッターの場合はかしめるので緩む心配がないなどのメリットがあります。

デメリットとしては裏に突起が出ますが、ビスなどで固定しても突起を出ますので
それほど製品に支障が出ることはありません(表側は丸皿のような感じです)



組立前のステンレス曲げ物になります。
一方の板には折り返しがついており、そこにもう一方の板をそれて
事前に開けてある穴に、リベッターを通してかしめます。



これを四方に組み立てて、完成となります。

ご参考までに、かしめる前のリベッターです。


                                  
                                  製作数量  95箇所

特注建築金物・特殊金属部品  
 株式会社 戸冨(ととみ トトミ totomi)

特注 ステンレス製頂部キャップカバー

ステンレス2B材 t-3.0mmにて

テント膜の頂上部分のキャップ・カバーを製作させて頂きました。

 

頂上部にちょこんと乗っている部分になります。
 


小さく見えますが奥行2.1m幅2.7m高さ1.3m程度の大きさがあります。

私1.8mとサイズの比較をすると
 

こんな感じになります。


 
頂部キャップは平面的偏心している14角形の形で

14パーツと頭頂部のプレートを溶接で一体化にしていくのですが、

サイズが大きいので一苦労です。

重量も300㎏程度はありますので、安全第一の作業を行いました。

内部には鉄骨と取付けるためのブラケットがありますが

その位置出しも仮設部材を製作して設置を行いました。
 


設置後の内部の写真になります。無事に納まりホット一安心です。
 


出荷や塗装のために内部に架台を組んで出荷に備えています。

                                    製作数 一カ所


特注建築金物・特殊金属部品  
 株式会社 戸冨(ととみ トトミ totomi)
 

特注 ステンレス配線カバー

ステンレス製の配管カバーです。

HPからのお問合わせでお客様から図を頂き製作させて頂きました。
(こんなに綺麗な画でなくても大丈夫ですよ~~)


 
これを拝見しながら、お電話で色々伺いました。

材質は?防水は?下地材は必要ですか?人が乗ったりしますか?

配管はすでにありますか? など・・


そして出来上がったカバーがステンレスHL材でt=2.0㎜

下地材はZAM鋼板で取付用の穴を開けてあります。

お話を伺うと下地材が、配管のすぐ横を通るとのことで

片側の下地は細くしてあります。







もちろん

ステンレスのカバー自体にも穴があいてあります。

皿穴加工済みです。(D6 小皿)

                   製作数  1台


特注建築金物・特殊金属部品  
 株式会社 戸冨(ととみ トトミ totomi)
 

アルミ製 特注 ハト小屋

アルミ製のハト小屋を製作させて頂きました
 

設備関係のお客様のご依頼です。

アルミの生地材 t=2.0の板を曲げ加工、溶接組立を行い、

アクリル焼付塗装を行いました。


本当に鳩。ハトさんの小屋ではなく

電機設備の配線を隠すカバーになっており、現地で前面の切板部分に

穴をあける予定の為、加工し易いアルミ製となっております。



そのため現地で加工がやり易いように、前面の板は現地で取付予定です。

現地で取付しやすいように、切板にも穴を開けてあります。

                  製作数  1箇所


特注建築金物・特殊金属部品  
 株式会社 戸冨(ととみ トトミ totomi)