ステンレス曲げ

板曲げ専門店 はじめ工房のステンレス曲げ事例です。

ステンレスHL スロープ曲げ

ステンレス HLt-1.5 Z曲げ


ステンレスヘアーライン材 t-2.0ミリ

スロープに設置するとのことで上下の曲げは同じで斜辺の部分が左右で違っています。


外部のスロープでは幅があまり大きいと雨などで足元が滑る恐れがありますので、

滑り止めテープを貼ったり縞板(チェッカープレート)などの板を使用する必要があります。


板曲げ専門店
 はじめ工房

ステンレス C曲げ 最小

ステンレス2B材 t-1.0ミリ
最小C曲げ



ステンレス2B材T1.0ミリのC曲げになります。

そこの部分は外々の寸法で10ミリ立上り部分が20ミリになっており、

45度のトメ加工の切欠きを施してあります。

この曲げ物4本を溶接して4法枠の製品になります。

トメ部分の板をあえて残して、サンダーにてすり合わせて溶接を行います。



ボールペンと比べて頂いてもわかるようにかなり小さい断面になっております。

内寸法で8ミリとなっています。

ステンレスの場合は板厚t-1.0ミリmまでボンデ鋼鈑(スチール)の場合

t-1.6ミリまでこの形状で曲げが可能です。

曲げ長さはL=3000ミリ(3.0m)まで可能になります。

                  製作数 52本(13枠分)


板曲げ専門店
 はじめ工房