スチール曲げ

板曲げ専門店 はじめ工房のスチール曲げ事例です。

ボンデ鋼鈑 t=3.2 箱曲げ架台


ボンデ鋼鈑 t-3.2ミリの箱曲げになります。

箱曲げですがほとんどの部分を切り飛ばしての箱曲げになっています。

今回の箱曲げは既製のアングル3*30*30ミリで架台を製作する
代わりに、ボンデ鋼板t-3.2の板から箱形状に曲げて架台を
製作しています。
 


既成のアングルで架台を製作する場合、アングル材をトメにカットして
鋼材に穴開け作業を施し、天板部分を四角に組み立て脚になる部分を
溶接にて固定する形になります。

この組立方法の場合、サイズが大きくても小さくても製作にかかる
作業時間はほとんど変わりません。
逆に小さすぎると余計に時間が掛かる場合があります。

今回のように箱曲げにすると溶接作業は右記写真、側面部分の斜めの
スジが入っている部分のみになります。
 


材料としての価格は箱曲げのほうが高価になりますが、職人さんが
手作業で組立てる費用を考えると、箱曲げに曲げて組立てる方法が
安価になります。

今回箱曲げのサイズは天板部分が200*740ミリ、高さが116ミリで、
断面は30*30のL曲げになっています。

規格のアングルと比べるとL曲げの隅部分の厚みが薄いので
強度としては少し劣りますが、使用する用途やサイズに応じて
このように箱曲げで製作するほうが良い場合もあります。
 


曲げていますので曲げRが外側で6~7ミリ程度ついておりますので
既成のアングルに比べて角が丸くなっています。
(用途によってはメリット・デメリットになります)


ボンデ鋼板t3.2箱曲げ架台 製作数 5台


大阪の板曲げ専門店
     はじめ工房