スチール曲げ

板曲げ専門店 はじめ工房のスチール曲げ事例です。

ボンデ鋼鈑 レール曲げ

ボンデ鋼鈑 t-1.6ミリ レール曲げ

ボンデ鋼鈑のスチール枠の上枠の曲げ物になっております。
 
当社ではこのような複数回曲げるレール曲げの場合

曲げ精度を保つために穴や切欠きの加工をタレパンで

行う時に同時にケガキ線をタレパンで入れてしまいます。
 
縦枠の写真ですので、切欠きが入っていますが
 
赤丸のところに表も裏にもケガキを入れて

1回ずつの曲げ誤差が1カ所に集中しないように
 
ケガキで確認しながら曲げて行くことで

精度を保つようにしています。
 









 
 
大阪の板曲げ専門店
   はじめ工房

ボンデ 片深曲げ

ボンデ鋼鈑 t-1.6 電気亜鉛メッキ鋼鈑

深片側箱曲げ カバー

深箱曲げですが前の立ち上がりの高さと

奥の高さが違っていてバチっています。

手前の高さが240ミリで奥が190ミリになっており

幅が410ミリあります。

雨水が前から後ろ側に水が流れるようになっています。
 
この曲げ物はもう一点工夫がしてあり、
 
タレパンでの切断カエリを表側に来るように

曲げてあります。
 
カバーとして使用するので、加工時にお客様が

糸面取りを行い易いように考えてあります。
 
尚、曲げてから面取りが困難な場合などは

ご指示を頂ければ、当社で先に面取り加工を

行うことも可能です。
 
タレパン切断カエリが表面(上面)に来るように

曲げてあります。
                 
                 製作個数 6個 
 
大阪の板曲げ専門店
   はじめ工房 

ボンデ 開口内部曲げ

ボンデt-1.6 中曲げ 開口部曲げ

ボンデ鋼鈑 t-1.6ミリの開口内部に曲げ加工を

施しました。

内部に点検用のドアが入り枠になる製品です。

通常の場合このような枠を製作する4方の上枠下枠左右の

縦枠を用意して溶接で組み立てます。

今回は平面部分でなるべく溶接を行わないように

開口内部に曲げを付けています。

開口内部を曲げるには何点かの注意事項があります。
 
まず形状や長さによって曲がらない形や寸法誤差が

大きくなる場合があります。
 
次に板に切り込みを入れて曲げないといけませんので

スリット幅が必要になります。
今回のスリット幅は3.0ミリになっています。
 
タレパンの加工の場合は、ステンレスt1.5は3ミリ

ボンデ1.6ミリでは1ミリのスリットが最少で

必要になります。
 
レーザー加工の場合は0.5ミリのスリットが可能です。
今回はボンデ鋼鈑でしたがこの曲げはステンレス材で

よく行う曲げになっており、特にHL材などは苦労して

曲げる価値が出てきます。
 
                  製作 数量1組
 
大阪の板曲げ専門店
   はじめ工房 
 

亜鉛鉄板 SGHC

亜鉛鉄板 スチール曲げ物です 厚さ1.2ミリ

40ミリ*42ミリ*40ミリ 長さ70ミリのZ曲げです

今回の注文数は4600個 ご注文頂きました。

でも、1個からご注文は承っております。

是非、お問合わせください!!


大阪の板曲げ専門店
   はじめ工房