スチール曲げ

板曲げ専門店 はじめ工房のスチール曲げ事例です。

ボンデ鋼板

電気亜鉛メッキ鋼板SECC 当社ではボンデ鋼板と呼んでいます。

厚さはt-2.3ミリのスチール製の曲げ物です。

消しゴムと比べてもわかるように小さいL曲げとコノ字曲げで、

アクリル焼付塗装で白色に焼き付けてあります。(協力会社にて)

今回はご注文数が各300個で焼付塗装を施しましたが

1個からでも好きな色に塗装することが出来ます。

ただし、小さい物1個の塗装の場合は、割高になりますので

ステンレスHL材などを使用した方が安価になることが多いです。

ご相談ください。

                  製作数  各300個計600個

 
大阪の板曲げ専門店
   はじめ工房

ボンデ鋼鈑 t1.6ミリ 小さい箱曲げ

ボンデ鋼鈑 t-1.6ミリの小さな箱曲げです。

小さな箱曲げの場合、上記のように隅に捨て穴Φ3.2程度

(逃げ穴)が必要になると時があります。
 
ここの部分の干渉を除いて曲げると精度良く曲がります。
私の手のひらサイズの箱曲げです。
 
このような小さな箱曲げの場合コの字曲げに側面の板を

溶接する方法もあります。
 
今回は10個なので箱曲げにて対応させて頂きました。
同じ現場の曲げ物です。同じくらいの手のひらサイズの

曲げ物ですが、逆曲げやZ曲げがある箱曲げになっています。
 
                    制作数 各10個
大阪の板曲げ専門店
   はじめ工房

ボンデ鋼鈑 箱曲げ 折り返し

ボンデ鋼鈑 t-1.6ミリ

 折り返しがある場合の箱曲げになります。
 
当社では特にご指示を頂かわない場合、隅の部分はトメになります。
もちろん、穴加工も施します。
 
特に箱曲げなどの場合、寸法が解るのでしたら穴加工を曲げ

時にご指示頂く方が最終的にコスト的にも安価につながります。
 
穴の位置のご指示は御手間でしたらピッチ400ぐらいでと

ご指示頂ければ、当社で考慮して加工することも可能です。
 
貫通穴になります。パネル正面は皿加工で内側の穴は

Φ6になっております。
                        
                                                 製作数 16枚
大阪の板曲げ専門店
   はじめ工房 
  

ボンデ鋼鈑 笠木箱曲げ

笠木形状 箱曲げ

 
サイズは幅870ミリ長さ1700ミリの高さ70~50ミリに

バチっている笠木形状の箱曲げになっています。
 
なるべく溶接長を短くするために箱曲げにて

対応しています。
 
角の部分の納まり方です。
 
折り返し部分はトメの加工にして曲げています。
 
これで溶接長はこの高さ方向のみになり、

溶接による歪みや笠木なので雨漏りの心配は

少なくなります。
 
                製作数 大.小 各1台
大阪の板曲げ専門店
   はじめ工房