特注 カバー

特注 監視カメラカバー

ステンレス製監視カメラカバーを製作させて頂きました。

HLヘアーライン仕上げです 厚さ1.5ミリのR型のカバーです。

既設の建物の角にあるステンレスの樋にバンドで締め付けて設置します。
 

左右を監視しているカメラを優しくカバーしています。

防犯カメラは防滴仕様なのですが念のためにと言うことで製作させて頂きました。

 
下から覗くと穴が見えますね。ここに監視カメラを固定しています。


このカバーですがHLの目が黄色の矢印のほうについていますが

 

これが少し苦労をするのです。

通常ステンレスHL材の板を、このカバー天盤の板のように

円形にカットすると下の写真の赤色の矢印のような目になってしまいます。



ではどうしたら黄色のようなRのHL目になるか・・・


まず製作時にはHLの目がない2B材という板を使用します。

そして溶接組立作業が終了後にHLヘアーライン目を付けるのです。

今回は専門の磨き屋さんに依頼して、綺麗にHL目を付けて頂きました。


この様に、ちょっと苦労してアール型にHL目をつけています

 
               
                       
                      製作数 2箇所


特注建築金物・特殊金属部品  
 株式会社 戸冨(ととみ トトミ totomi)
 

特注 R型ステンレスカバー

ステンレスのカバー R型を製作させて頂きました



ステンレス2B材 t-1.5ミリを使用しました。

左側の写真の内側に電柱があるそうで、その電柱に巻きつけて

設置するので、全体もRの形状になっています。


 
上部よりの写真、内側のRは165Rと小さいRでした。

白や青く見えているのは養生テープです。

この製品は写真にイメージ図が書いてあった物を打合せを行いながら製作しました。

マンガ画からも、こんな製品が製作出来ます。

                  製作数  1箇所


特注建築金物・特殊金属部品  
 株式会社 戸冨(ととみ トトミ totomi)
 

特注 ステンレス製 円錐カバー

ステンレス t-1.5㎜でテント頭頂部の円錐型のカバーを製作させて頂きました。




 

直径650ミリ 高さ350ミリで内部に現地鉄骨と取付ける為の

アングル材を設置してあります。



焼付塗装で大変綺麗なカバーに仕上がっています。

                  製作数  2箇所


特注建築金物・特殊金属部品  
 株式会社 戸冨(ととみ トトミ totomi)
 

アルミ製 特注 円錐カバー

アルミt-2.0ミリの板を使用してテント頭頂部の円錐カバーを製作させて頂きました。



円錐部分の高さが200ミリ 直径が450ミリの円錐のカバーになります。

センター部分に目地がありますので、厳密にいえば少し変形した円錐になります。



断面写真です。円錐部分・円柱部分、そして下側の半円の切板・

折り返しのリブからなる4部材を溶接で組立て塗装を施しました。



上部より見ても綺麗な円形に見えます。


もう一点の円錐カバーです



下の円が直径1450㎜ 上部の円が直径500㎜の4分割の円錐カバーです。


垂直方向は525ミリで、この円錐も4パーツの部材を溶接しています。




組立て出荷前に再度寸法を確認して梱包福岡県に向けて混載便にて

出荷させて頂きました。
 

塗装前の写真も少し掲載しておきます。

溶接後サンダーにて沢山仕上げ作業を行っています。 

   

                  製作数  各2個 


特注建築金物・特殊金属部品  
 株式会社 戸冨(ととみ トトミ totomi)