曲げ資料集

ステンレス箱曲げの隙間

ステンレス t=1.5㎜ ヘアーライン HLの箱曲げです。


写真は曲げ加工が終了した時点での箱曲げの一隅です。



板材を切断して 箱の形状に曲げると、箱曲げの高さが高ければ高いほど

どうしても上記の写真のように隙間が出来ます。

写真はステン HLですがスチールやアルミにしても同様のことが起こります。

高さが15~20ミリぐらいだと 目立たないのですが写真は50ミリです。

そこで大体溶接して仕上げます。


仕上終了の写真です。溶接後HL目を再度研磨しています。

しかし、場所や用途によっては、そのまま使用されることもよくあります。 

そのほうがコスト的には、安価に製作できます。

 

アルミ 鋭角曲げ

アルミ 生地材 t-2.0
 

当社では毎日のように曲げている素材ですが、今回は曲げの角度の写真です。


山みたいになっております。

さて角度は何度でしょう???

ヒントの写真

答えはアルミの鋭角曲げ-角度は45度です。

当社で加工できる範囲の最小の鋭角曲げです。

アルミですからあまり強度などが掛る物には、適していないと思いますが

外壁パネルなどの使用には問題ありません。